top of page

書き始めたきっかけ

 

高校時代、私はカリフォルニア州バークレー出身の初のアフリカ系アメリカ人高校生新聞の編集者に選出されました。 ジュニアとシニアの頃、私は時事問題、舞台芸術、音楽レポートをカバーするインタビューを書くことに専念しました。 高校の芸術に関する話を共有することが、私が執筆を始めたきっかけでした。

 

若い頃、私は娘の父親になりました。 彼女の母親の家族は、娘と私の間に大きな対立を引き起こしました。 私たちはお互いに疎遠になってしまいました。

 

陸軍での任務中に、私は足に多くの怪我を負いました。 この世に戻ったとき、私はサービスに関連した障害を矯正するために複数の手術を受け始めましたが、すべて失敗しました。

 

娘に施された洗脳にもかかわらず、娘は私を必要としていたし、私も娘を必要としていた。 私の心は彼女と繋がらなければなりませんでした。 そこで私は彼女に一連の手紙を書き始めました。

 

これらの手紙は、私が思い出せる限り、私の人生についてすべてを共有し続けました。 今では私の赤ちゃんはティーンエイジャーになっていました。 そして、私の文章はもはや手紙ではなく、「HOPE:アイシャへの手紙」というタイトルの3冊の完全な小説になりました。

 

私の中のストーリーテラーは生きていて、飢えていました。 それで、私は書き続けました。

 

本格的なフィクション小説を書くという私の最初の試みは、「EVOLVE: An Anthology of Horra/Thrilla Novellas」という作品でした。

 

 

語り手は目覚めた!

 

 

LāErtes LEE Muldrow (私のファーストネームは、父、息子、兄弟、王を意味します!)

bottom of page